ブラッシングのコツ

美容室でせっかく素敵なヘアスタイルに仕上げてもらったのに、
翌日以降美容室のヘアスタイルを再現することが難しいということはないでしょうか。
 
気に入ったヘアスタイルを長持ちさせるコツの一つに、
日ごろのヘアケアも関係しています。

 

ヘアケアのやり方が適切でないと、
髪質や髪のボリュームなどに影響が出てきてしまうため
それが美容室で作ったヘアスタイルを長持ちさせられない要因となっているのです。

 

ヘアケアの基本はブラッシングです。
日ごろブラッシングを行うのは
朝起きて髪の毛を整えるために行うという方が大半だと思います。

 

ブラッシングは正しいやり方で行うことで、
美髪効果をもたらしてくれるのです。

 

まずブラッシングを行うのは1日に3回が理想です。
朝起きてから、シャンプーをする前、眠る前にブラッシングをしておきましょう。

 

朝は寝癖でもつれた髪の毛を整えるためであり、
シャンプー前は髪の毛ももつれやからみを改善するだけでなく、
髪の毛の付着しているほこりやごみを取り除くためです。

 

そして眠る前はできるだけ髪のもつれやからみを少なくすることで、
翌朝の髪のもつれ、からみを少なくすることができるからです。

 

またブラッシングには頭皮のマッサージ効果も期待できます。
頭皮のマッサージを行うことによって、
血流が促進されて健康な髪の毛が生えてくるを助けてくれるのです。

 

そのためにもブラッシングの時は
ブラッシング専用のブラシを用意する必要があります。

 

ブラッシングのコツは、いきなり頭皮から毛先にブラシを通すのではなく、
毛先のもつれをほぐしてから全体にブラシをすることです。
こうすることで髪と頭皮へのダメージを少なくできるのです。