ドライヤーの使用

髪のダメージが気になっている方の中には、
「髪へのダメージを考えて、出来るだけドライヤーを使わない様にしている」
という方もいると思います。

 

確かに、ドライヤーを使えば、髪に熱を与えることになりますから、
「ダメージの原因になるだろう」と考える方が多いでしょう。

 

しかし、自然乾燥は更にダメージの原因となってしまうんですよ。

 

では、ヘアスタイルを長持ちさせるコツのひとつ、
ドライヤーの使用についてご紹介しましょう。

 

ドライヤーというと、「髪に悪そう」と思われる方が多いと思いますが、
実際には自然乾燥の方が髪へのダメージは大きくなります。

 

「どうして、熱も加えていないのにダメージが大きくなるの?」
と思われる方もいると思いますが、
濡れた髪というのは、髪同士の摩擦が激しくなり、
キューティクルをはがしてしまったり、めくってしまう状態となります。

 

そのため、自然乾燥することで、
髪に必要な栄養素が流れてしまう可能性があるということ。

 

ということは、ダメージを抑えるためには、
シャンプー後にタオルドライをしてから、ドライヤーを使って乾かすことが大切ということ。

 

「濡れたまま寝てしまう」という方もいると思いますが、
これでは寝ている間に髪同士でこすれあい、
摩擦によるダメージが大きくなってしまいますから、
しっかりと乾かしてから寝る様にしましょう。

 

髪へのダメージを考えると、熱を避けた方が良いような気がしますが、
実際には自然乾燥の方がダメージは大きくなるため、
しっかりと地肌から乾かすように心がけましょう。

 

そうすれば、健康な髪を維持し、ヘアスタイルの維持も行いやすくなりますよ。